ウッドデッキ製造する中川木材産業の制作、運営するホームページの解説を3人の関係者が致します。
4

奈良県櫻井の株式会社金幸さまの会社紹介ホームページ

金幸ホームページ
運営者(制作者)の説明
奈良県櫻井の株式会社金幸さまの会社紹介ホームページ。 会社概要、製材施設、貯木場と貯木方法 (水中貯木場、陸土場)、製品倉庫と一般販売別注品、納材実績など。同社は今話題の名古屋城本丸の改修工事に非常に貴重な木材を納入している。
ウッドデッキ女子の解説
奈良にある株式会社金幸のホームページです。トップページでは樹齢350年の吉野檜が出迎えてくれます。コンテンツは会社概要、製材施設、貯木場と貯木方法、製品倉庫と一般販売別注品、納材実績があります。主な業務は社寺建築用材、大型木造建築用材向けに吉野檜、木曽檜などを製材しています。巨木を取り扱っているので、掲載されている写真はどれも迫力があって見るだけでも楽しいです。製材施設のページでは、11メートルを超えるものや末口110センチメートルを超える天然檜を製材している写真が掲載されており、迫力があります。貯木場では、水中貯木場と陸土場が紹介されています。このほかに、ひのきの豆知識があり、吉野檜と木曽檜と尾州檜が紹介されています。
ウッドデッキ小僧の上から目線の解説
奈良県櫻井市に本社を置く株式会社金幸(カネコウ)の会社紹介ページとなっています。まず目に飛び込んでくるのが樹齢350年を超える立派な吉野檜。吉野の檜は檜の中でも特に目合いが緻密で節が少なく、油分の多い赤みを帯びた樹木で、写真に写る吉野檜は、金幸さん所有の一本となっています。金幸さんの魅力は、何と言っても大型社寺に用いられる木材にあると言えるのではないでしょうか。納材実績のページには日本を代表する社寺社殿が掲載されています。是非一度、覗いてみて下さい。また、私個人の意見としては木材を保管する「貯木」の方法にとても興味をそそられました。「まさかそんな方法で!?」と驚く方法で木材を管理しています。